赤ちゃんの使用済みおむつの処理どうしてる?ニオイも抑えてくれて、コスパがいいのは驚きのアレだった!

悩んでいるママのアイコン画像悩んでいるママ

離乳食が始まってからうんちがめちゃくちゃくさいから処理に悩む・・・

悩んでいるパパのアイコン画像悩んでいるパパ

おむつポットは専用袋が高いからなるべくは買いたくないな・・・

もいみのアイコン画像もいみ

そんなお悩みないですか?

今回はそんなお悩みを一気に解決しますよ!

この記事を読むことでこんなことがわかります!

✔使用済みおむつの処理方法でコスパがよくて、ニオイも抑えてくれる方法がわかります。

我が家でも離乳食が始まってから、息子のうんちの臭さに衝撃を受けました。

新生児の頃のうんちなんかは、炊き立てのパンの香りがしたんですけどね・・・

今ではものすごい激臭を放つうんちをします。

そこで、コスパがよくて臭いも抑えてくれる捨て方ないかな?といろいろ試行錯誤した結果、ある方法に落ち着きました。

我が家がおむつ処理で試した方法を順番に解説していきますね!

目次

我が家が試したおむつ処理の方法

これまで我が家は、ビニール袋での処理、驚異の防臭袋BOSでの処理をしてきました。

まずはこの2つについてお話しします。

ビニール袋は安いけどニオイが・・・

今でも少量のおしっこが付着しただけのおむつではビニール袋を使って処理をしています。
しかし、うんちが付着したおむつだとビニール袋ではニオイを防ぎきれません。

ビニール袋は、コスパはいいけどうんちの処理には向きません。

BOSはニオイを完全にカット!が、コスパは・・・

さすがBOSです。
うんちのニオイなんてものともしません。

驚異の防臭袋というキャッチーなネームは伊達ではありませんね。
が、まぁ正直高いですよね。ビニール袋に比べると。

これだけニオイをカットしてくれるので、ビニール袋より高いのは当然なんですけどね・・・。
AmazonでSSサイズが200枚で1,540円で売っています。

我が家ではBOSはお出かけようのおむつ処理袋として利用しています。

コスパが良くて防臭もできる優秀なものはこれ!

「クレラップ」もしくは「サランラップ」です!

え!?って思われたもいるかと思います。

しかし、この「クレラップ」と「サランラップ」、うんちが付着したおむつを巻いてしまえば、本当にニオイを防いでくれます。

実際に筆者が確認しました。
うんちが付着したおむつをクレラップに巻いて、鼻をつけてニオイを嗅ぎました。笑
確認した限りでは、ニオイは感じませんでした。

でも、本当に防臭効果があるのか怪しいって方もいるかと思います。

ラップとか、食品包むやつやんってなりますよね。

では、「クレラップ」と「サランラップ」は何故ニオイを防ぐことができるのか説明しますね!

何故「クレラップ」と「サランラップ」はニオイを防ぐことができるの?

「クレラップ」と「サランラップ」は、ポリ塩化ビニリデンという原材料からできています。

このポリ塩化ビニリデンはニオイを遮断するという能力があるんですね。

そのため、「クレラップ」や「サランラップ」でうんちが付着したおむつを巻くとニオイを防いでくれるわけです。

ちなみに、ポリエチレンや塩化ビニル樹脂でできているラップに関しては、ニオイを通してしまうので気をつけてくださいね!

確認して買うのがめんどくさい場合は、「サランラップ」もしくは「クレラップ」を購入すると、ポリ塩化ビニリデンから作られているので確実ですよ!

うんちが付着したおむつだけでなく、生ゴミの処理で使うのも効果的だと思います。

もいみのアイコン画像もいみ

我が家のおむつ処理の仕方を紹介しましたが、おむつポットについても気になる方はいるかと思います。

ここからは評価の良いおむつポットを少し紹介しますね。

おむつポットとは?

「おむつペール」や「おむつ処理ポット」などさまざまな呼び方がありますが、一言で言うと、おむつを処理するためのゴミ箱ですね!

ベビー用品ブランドで有名なコンビやアップリカなど、さまざまなメーカーから商品が販売されていますよ。 

その中でも口コミの数が多く、評価の良いものをピックアップしてみました。

日本育児 ウッビ

デザインがおしゃれで、色や種類も豊富です。

カードリッジが不要なため、専用の高価な袋を買う必要がありません。
ニオイ移りに関してもスチール製のため、ニオイが移りにくいという特徴があります。

他にも、チャイルドロックが付いており、子どもが蓋を開閉できないような工夫もされています。

おむつの時期が終わっても、生ゴミ用のおしゃれなゴミ箱として活躍できそうですね!

おむつ用のゴミ箱もおしゃれなものがいいって方におすすめです。

コンビ ポイテック

大手メーカーのコンビが出しているおむつ処理用のゴミ箱です。

こちらは、ゴミ箱自体は安いですが、専用のカードリッチが必要なため、ゴミ箱を購入した後も袋代がかかってきます。

しかし、おむつを一つ一つくるんで密封してくれる上に、99%抗菌するという、徹底的に菌の繁殖を防いでくれる仕組みがあります。

とことんニオイ対策をしたい!という方におすすめです。 

アップリカ ニオイポイ

大手メーカーのアップリカが出しているおむつ処理用のゴミ箱になります。

こちらも専用のカードリッジを購入する必要があります。

こちらのゴミ箱は、ワンタッチオープンで片手で捨てられるため、赤ちゃんを抱っこしながらでも使えます。
ゴミ箱には、3日分のおむつを捨てられるためかなり大容量な作りになっています。

また、99%防臭、抗菌する仕組みになっているため、リビングに置いても清潔で、におわないので安心ですね!

こちらもニオイ対策をきっちりしたい方におすすめです。

もいみのアイコン画像もいみ

今回は、ラップで包むとうんちの付いたおむつでもニオイが抑えられるというお話しでした!

それでもニオイが気になる、袋での処理やラップでの処理には不安があるって方はおむつポットを購入されることをお勧めします。

まとめ

  • ラップが、コスパの良いおむつ処理の方法だった!
  • ラップはポリ塩化ビニリデンで作られているクレラップ、もしくはサランラップを選ぼう!
  • ラップでの処理が不安な場合は、おむつポットを購入するのがおすすめ!
もいみのアイコン画像もいみ

ママ向けのお得情報もまとめているのでよかったら見てくださいね!

インスタフォローありがとうございます(*^^*)励みになります。

応援してもらえたら嬉しいです(*^^*)
子育て情報ランキング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教師。現在は専業主婦で一児の母。
モンテッソーリ教育や知育を子育てに取り入れています。
モンテッソーリ教育のことを中心に子育てのことやお得情報を発信しています(*^^*)

コメント

コメントする

目次
閉じる