赤ちゃん用のジョイントマットのおすすめは?選び方やおすすめのジョイントマットを解説!

悩んでいるママのアイコン画像悩んでいるママ

ジョイントマットを購入しようと思うけど、どれも同じなのかな?

悩んでいるパパのアイコン画像悩んでいるパパ

赤ちゃん用のジョイントマットのおすすめはどれ?

もいみのアイコン画像もいみ

そんな疑問はないですか?

ジョイントマットを我が家に迎え入れるために、ジョイントマットについてめちゃくちゃ調べたので、どう選ぶべきか、おすすめの商品はどれかなど詳しくお伝えしたいと思います。

この記事を読むことでこんなことがわかります!

✔️赤ちゃんにおすすめのジョイントマットの選び方
✔️ジョイントマットのおすすめ商品

今回、我が家が購入したジョイントマットはこちらです。
購入するのに一週間も悩みましたが、満足のできる買い物でした。

ただ、こちら素材がPE素材なのですが、本当はEVA素材のものが欲しかったのです。

え!?ジョイントマットって素材の違いとかあるの?って思いますよね。私もジョイントマットなんて全部一緒やろって最初は思ってました。

しかし全部一緒じゃないんです!素材も厚さも大きさもいろいろあります!

では、ジョイントマットについて詳しく説明していきますね!

目次

ジョイントマットの選び方

ジョイントマットの選ぶ際に抑えておきたいポイントはこちらです。

✔️ジョイントマットの種類
✔️サイドパーツの有無
✔️お手入れのしやすさ
✔️ホルムアルデヒドの含有量
✔️床暖房に対応しているか

では、順番に一つずつ見ていきましょう!

ジョイントマットの種類

それではジョイントマットの種類を、素材、サイズ、厚さの3つに分けて紹介していきますね。

素材

素材は主に二つに分けられます。PE素材と、EVA素材です。どちらも柔らかいスポンジ状の素材で、クッション性があります。二つを比較した場合、PE素材よりもEVA素材の方がクッション性、耐久性に優れています。

我が家が購入したのはPE素材です。が、赤ちゃんのマットとして購入するならば、クッション性に優れたEVA素材の方がおすすめです。

サイズ

ジョイントマットは大判タイプと、小さめのタイプがあります。人気なのは大判タイプです。

大判タイプだと60cm×60cmのものが多いです。
リビングや部屋全体に敷きたい場合は、ジョイントマットの枚数が少なく済み、小さめのタイプよりも設置が楽になりますよ。

小さめのタイプは、30cm×30cmのものが多く見られます。
リビングの一角にキッズスペースを作る場合や、部屋の一部のみに敷く場合は、こちらがおすすめです。

我が家はリビングの一角に敷くのが目的だったため、小さめのタイプにしました。
大判タイプよりも全体の大きさを自由に変えられるので、小さめのタイプにしてよかったです。

厚さ

一般的には0.8cm~1.5cmの厚みのものが多いです。

しかし、個人的には2cm以上のものが圧倒的におすすめです。

我が家には厚さ1cmのジョイントマットがもともとあったのですが、正直1cmだと、クッション性はあまり期待はできない感じです。

今回は、息子用のジョイントマットのため厚さ2cmのものを購入しました。
やはり、1cmのものと比べると、クッション性ははるかにいいです。

サイドパーツの有無

ジョイントマットの周囲は、繋ぎ合わせるためにパズルのように凸凹しています。
サイドパーツがあることで、端っこのジョイントマットの凸凹を埋めることができます。
サイドパーツは絶対に必要なものではありませんが、ないと凸凹の部分には埃が溜まりやすくなるため掃除が大変になります。

我が家はサイドパーツありのものを購入しました。
しかし、ジョイントマットをすべて繋げた時に、正方形を想定されて作られていたジョイントマットだったため、家具の形に合わせて敷いたことで、角が多くなり、サイドパーツが足りなくなってしまいました。
そういうこともあるので、気になる方は、サイドパーツのみの購入も可能な商品がおすすめです。

お手入れのしやすさ

取り外すパーツが多いほど、掃除は大変になります。
そのため、1番掃除がしやすいものは、大判タイプのジョイントマットです。

逆に、数字やアルファベットのデザインが施されているジョイントマットは、パズルのように遊べますが、隙間が多くなるため埃が溜まりやすくなります。

ホルムアルデヒドの含有量

ホルムアルデヒドとは、発がん性が高い物質で、アトピーの原因にもなります。

乳幼児基準が設けられたホルムアルデヒド検出試験をクリアした商品だと安心です。

ホルムアルデヒド不検出、ノンホルムアルデヒドと記載してある商品を選びましょう。

我が家のものもノンホルムアルデヒドと記載されていました。

床暖房に対応しているか

これは床暖房が家にある場合ですが、床暖房に対応していないジョイントマットを選んでしまった場合、マットが床の熱を遮ってしまいます。せっかくの床暖房の効果が感じられなくなってしまうので注意しましょう。

我が家は床暖房はないのでここは気にせずに購入しました。

おすすめの赤ちゃん用ジョイントマット5選

私が調べたジョイントマットの中でオススメできる商品を5つ紹介します(*^^*)

カグラボ ジョイントマット

・素材: EVA樹脂

・サイズ:58.2cm

・厚さ:2cm

・ホルムアルデヒド検査:超低ホルムアルデヒド

・床暖房対応:使用可

色の種類も多く、EVA素材で厚さ2センチあるにも関わらず価格が安いです。しかし、ノンホルムアルデヒドでない点に関して、気になる方もいるかもしれません。

ヤトミ ごろりんマット

・素材: PE

・サイズ:30cm

・厚さ:2cm

・ホルムアルデヒド検査:ノンホルムアルデヒド

・床暖房対応:使用可

我が家が購入したのはこちらです。
PE素材かぁ~と思いましたが、使用してみるとクッション性もあり、満足しています。色はホワイトを選んだので、部屋が以前より広く見えるようになりました!結果としては満足のできる買い物でした。

アイラブベビー オリジナルジョイントマット

・素材:EVA樹脂

・サイズ:32cm

・厚さ:1.4cm

・ホルムアルデヒド検査:ノンホルムアルデヒド

・床暖房対応:使用可

楽天市場のラグカーペットランキングで1位になった商品です。累計販売数も13500個で、口コミも高評価です。赤ちゃん用に作られたジョイントマットのため、繋ぎ目が滑らかになっており、転びにくい作りになっています。

タンスのゲン 極厚20ミリジョイントマット

・素材:PE樹脂

・サイズ:61センチ

・厚さ:2センチ

・ホルムアルデヒド検査:ノンホルムアルデヒド

・床暖房対応:使用可

こちらは木目調のデザインのものです。
リビングなどでもなじみやすく使いやすいかと思います。

ユメカインテリア ジョイントマット

ユメカインテリア ジョイントマット 2センチ

・素材:EVA樹脂

・サイズ:60センチ

・厚さ:2センチ

・ホルムアルデヒド検査:ノンホルムアルデヒド

・床暖房対応:使用可

デザインが豊富です。
カラフルなデザインが好きな方にはこちらがおすすめです。
また、EVAで厚さも2センチあり、ノンホルムアルデヒドのため個人的には、一番オススメの商品です。ジョイントマットを購入したあとにこちらの商品を知りました。笑

もいみのアイコン画像もいみ

ジョイントマットはさまざまな種類のものがありますが、赤ちゃんの安全に備えて、質の良いものを取り入れたいですね。さまざまなサイズやデザインがあるので、機能面とともに、部屋に合うデザインかどうかも見てから決めるのがいいかと思います。

まとめ

  • 素材はEVAがおすすめ!
  • 厚さは2センチ程度あったほうが防音やクッション性に期待できる!
  • ホルムアルデヒド含有量はノンホルムアルデヒドがおすすめ!
もいみのアイコン画像もいみ

ママ向けのお得情報もまとめているのでよかったら見てくださいね!

インスタフォローありがとうございます(*^^*)励みになります。

応援してもらえたら嬉しいです(*^^*)
子育て情報ランキング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教師。現在は専業主婦で一児の母。
モンテッソーリ教育や知育を子育てに取り入れています。
モンテッソーリ教育のことを中心に子育てのことやお得情報を発信しています(*^^*)

コメント

コメントする

目次
閉じる